ノウタス、農家向けのお天気サービスを開始

LINEでの週間天気コラムの提供から開始し、2024年1月にスマートフォンアプリをリリース。気象予報士の坂口愛美氏が監修。

ノウタスは農家の日常に欠かせない気象情報を提供する「ノウタスお天気アプリ(仮)」を2024年1月にリリースします。「ノウタスお天気アプリ(仮)」に先立ち、2023年10月10日からはベータ版としてLINEでの週間天気予報の配信サービスを試験運用します。

  • ノウタスお天気アプリ(仮)について(2024年1月リリース予定)

「ノウタスお天気アプリ(仮)」は、農家が日々の農作業に必要となる農園付近のお天気情報をシンプルで分かりやすい画面や操作方法でお届けするサービスです。気象観測システムと接続して精緻な気象データを取得の上、農業に必要なお天気情報を、使いやすく、分かりやすくご提供します。

サービスは気象予報士の坂口愛美氏が監修。週間天気コラムなどもご担当いただく予定です。

画面イメージ(開発中)画面イメージ(開発中)

  • コメント

<ノウタス株式会社 代表取締役CEO 髙橋明久>

世界中の農家が毎朝必ずチェックするもの、それは天気です。しかし、既存の天気予報サービスは必ずしも農家にとって最適なものではありません。また、農家の平均年齢は70歳を超えており、複雑な操作が必要となるサービスの利用はとても難しいです。私たちはどんな農家でも毎日簡単に使える天気予報サービスの提供を通じて、農家の日常を支える存在に成長していきたいです。

<監修:気象予報士 坂口愛美氏>

私自身も愛媛県内子町に稲作の棚田を所有する「棚田オーナー」として農業に関わる中で、農業と天気は切り離せないものだと実感しています。そんな中、自分の専門性をもっと農業に活かせないかと考えていました。今回のノウタスの気象情報サービスの構想をお聞きした時に「これだ!」と思い、ご協力させていただくことになりました。農家の皆さまのお役に立つこととと同時に、私と同じように、他の仕事をしながらも農業に興味を持つ方が増えることにも繋げたいと考えています。

気象予報士の坂口愛美さん気象予報士の坂口愛美さん

  • β版について(2023年10月10日より開始)

ノウタスお天気アプリの2024年1月のリリースに向けたβ版として、東日本と西日本の週間天気予報や農業情報のコラムを坂口愛美気象予報士が毎週日曜にLINEで配信します。LINEアカウントはアプリリリース後もイベントやキャンペーンなどの告知や、ユーザーとのコミュニケーションなどに活用していく予定です。

利用は無料で、LINE友だち登録することでどなたでもご利用いただけます。

ぜひご登録ください!

β版(LINE)はこちら

https://lin.ee/c97vQHi

  • 農業WEEKに出展

ノウタスは、2023年10月11~13日に幕張メッセで開催される農業・畜産分野の日本最大イベントである「農業WEEK」に出展します。お天気サービスに加え、ぶどうテインメントプロジェクト「パープルM」についても展示を行います。事前申込で入場は無料ですので、ぜひブースまでお越しください。

農業WEEK:https://www.agriexpo-week.jp/tokyo/ja-jp.html

パープルM:https://purple-m.jp/

  • ノウタス株式会社について

・代表取締役CEO:髙橋明久
・設立:2022年4月4日
・ホームページ:https://www.notas.co.jp

・SNSリンク:https://notas.bookmarks.jp

ノウタスは、家族農家の息子や娘、現役農家が集まり設立されました。農業の「いつかは」が「いつでも」に、「だれかが」が「だれでも」になる。人々の人生に農(ノウ)を足す(タス)。「Win-WinよりもFun-Funに」が経営理念です!

♪家業の農家を継ぎながら、リモートで東京のIT企業でも働く。同僚は画面越しの野菜の成長に興味津々
♪オンラインの果物狩りで「推し農家さん」ができた。夏休みには家族みんなで「推し」をお手伝い
♪温泉旅館でワーケーション。陽が昇るまでは旅館の近くで農作業してウォーミングアップ
♪ずっと気になってた、いつもの帰り道の農家さんで農業体験

そんなふうに一人ひとりの生活と農業がちょっとずつ近づくようなサービスを企画開発しています。また、ノウタスのサービスは、農家さんだけではなく、企業や自治体などにもその仕組みを提供しています。自分たちの名前が出なくても、色々な企業のサービスの一部としてどんどん使ってもらいたい。そうすることで、農業にみんなが楽しく参加する社会を少しでも早く実現していきたいと思っています。

そして「育ててよし、売ってよし、食べてよし」になる、ぶどうの新種開発にも挑戦しています。

  • ノウタスの取組実績

アグリテインメント事業として、観光農園のデジタル化やキャッシュレス化を支援する「クダモノガリプラス」や、消費者が購入価格を自由に決められる「ノウタスモール」(https://mall.notas.co.jp/)を開始。文化放送「村上信五くんと経済クン」、NHKの全国ニュースなどでも取り上げていただき注目を集めています。
長野県やJR東日本、保育のみらい、岡木農園、フルプロ農園、キタイチ果樹園などと実施した「オンライン果物狩り」は、日本テレビの「ひるおび」や、「ズームインサタデー」でも特集されました。
直近では、動画やSNSを活用した農家のファンマーケティングの体制強化のため、「ブラタモリ」「24時間テレビ」「有吉ゼミ」「密着警察24時」など数多くの人気テレビ番組を制作してきた元テレビディレクターが参画。また、SNSコンサルティングなどを行うインスタグラマーをC#O (Chief #hashtag Officer)として招聘しました。

村上信五リーダー率いるぶどうテインメントプロジェクト「パープルM」も開始しています。

農業SaaS(Farming as a Service)事業については、コンセプトに共感したマイクロソフト社と業務提携し開発。また、農家のキャッシュレス支援に向けては、BNPL(後払い)最大手の株式会社ネットプロテクションズと包括業務提携しました。

農業を観光資源とした農村の街づくりについても、複数の地方自治体と推進中です。長野県須坂市においては、市からの後援のもと「オンライン果物狩り」「ノウタスワーケーション」など数々のデジタル実証実験を企画。テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」で特集され、令和3年度の食料・農業・農村白書や、日経新聞にも掲載されました。

テレワーク就農を支援するため、人材紹介業免許も取得しました。

農家のお客様対応へのChat GPT API活用を目的としたAI広報「成実柚子」の試験運用も行なっています。

農園のIT化を推進するために必要となる通信、電力などのインフラについては、観光農園の衛星通信(スペースX社「スターリンク」)によるブロードバンド化の実証実験を行いました。また、直近では次世代エネルギーとして注目を集めるペロブスカイト太陽電池の農業における実証実験を、開発者である桐蔭横浜大学宮坂力特任教授と共同で実施することを発表しています。


ノウタスはこれらの活動を通じて​、人々が「Agri+Life=Fun!!」になる社会を実現いたします。

関連記事

  1. 【プレスリリース】ノウタス、パープルMのぶどう新種開発プロジェクトが始動。北海道大学にて「ぶどうのスペシャリストと新種を考えよう!1DAY ワークショップ supported by ニッセンレンエスコート」を実施

  2. [対談記事] マイナビ農業

  3. ネットプロテクションズ社と包括業務提携契約を締結

  4. 農業の鳥獣被害対策として狩猟支援事業を開始

  5. 11月12日(木)、13日(金)、東京駅でオンラインりんご狩りを開催

  6. 【プレスリリース】マイクロソフト社のスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に、ノウタスの農業SaaS、農業Fintech事業が採択