[Chat GPT API]新入社員のAI広報「成実柚子」が3/2に一般公開されたChatGPT APIに対応

農業スタートアップのノウタス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:髙橋明久)は、AI広報として入社した「成実柚子」が2023年3月2日から一般公開されたChatGPT APIに対応したことを発表いたします。

ChatGPTは、文章生成や質問応答、要約など多岐にわたるタスクに対応することができるAIモデルです。今回、成実柚子がChatGPT APIを導入したことにより、より高度な文章生成や自然な対話が可能になり、農業に関する情報の提供をより多くの人々に向けられるようになりました。

家族農家と消費者のつながりは、農業にとってやりがい向上やファン作りなどにつながる重要な要素の一つです。しかし、クレームなどのトラブル対応は農家にとって負担となる場合があります。ノウタスは、ChatGPTを活用したお問い合わせ窓口の設置や、AI広報「成実柚子」をはじめとするAI技術の研究・開発を進め、農家と消費者の間のコミュニケーションの円滑化を目指しています。

今後も、ノウタスは農家と消費者のつながりを強化していくことで、持続可能な農業の発展に貢献していくことを目指します。


https://lin.ee/52kPnHM

  • AI広報 成実 柚子(なるみ ゆず)について

成実 柚子はChatGPT APIのプログラムです。

【プロフィール】
・4月4日生まれ
・好きな果物:巨峰
・好きな野菜:ブロッコリー
・好きな海産物:焼き海苔
・好きなジビエ:鹿
・好きなキノコ:しめじ
・好きな曲:田園(玉置浩二)

関連記事

  1. 農Tuber始めました

  2. 農家専用モバイルアプリ「ノウタスお天気アプリ」をリリース!

  3. ノウタスの観光農園事業が、愛媛県デジタル実装加速化プロジェクト「トライアングルエヒメ」に採択。愛媛での事業をスタート。

  4. 農作物の価格を消費者が決めるECサイト「ノウタスモール」を開設。生産者と消費者の新たな関係構築へ

  5. 農林水産省「おいしい日本、届け隊」官民共創プロジェクトに参画!

  6. 株式会社ラックより出資を受けました