農業の鳥獣被害対策として狩猟支援事業を開始

農業の課題解決を目指すノウタス株式会社は、農業における鳥獣被害対策として狩猟支援事業「RYO-TAS(狩猟を助ける)」を展開いたします。

鳥獣被害は、農業だけでなく森林や自然環境にも大きな影響を与えており、適切な管理が求められています。ノウタスは、狩猟支援事業を通じて、農業の鳥獣被害対策に貢献するとともに、地域の狩猟文化や食育の普及、新たな産業創出に繋げることを目指しています。

具体的な取り組みとして、猟師による食育、鳥獣対策のオンライン配信や監視アプリケーションの開発を行なってまいります。4/29(土)には神奈川県にて参加者限定イベントも実施予定です。
これにより、鳥獣被害対策に携わる猟師の技術や知識を広く伝え、一般市民や地域住民の狩猟理解に繋げるとともに、ジビエ料理の普及や地域の特産品としての魅力発信にも貢献します。

ノウタスは、狩猟・ジビエ支援事業を通じて、地域の持続可能な発展をサポートし、農業の鳥獣被害対策に取り組むことで、農業分野における課題解決を実現してまいります。

関連記事

  1. 株式会社農情人と業務提携しました

  2. 「パープルM」プロジェクト、シンガポール向けのぶどう輸出を開始

  3. [AI農業、動画配信]CROに長野陸氏、クリエイティブディレクターに石川亮介氏が就任

  4. 【プレスリリース】「パープルM」始動! 公式サイト開設にあわせて記念キャンペーンも開催!

  5. 【登壇予定】超DXサミット(Super DX/SUM)

  6. [Chat GPT API]新入社員のAI広報「成実柚子」が3/2に一般公開されたChatGPT APIに対応