元アクセンチュアの戸塚惇子、グローバル戦略の執行役員に就任

北海道大学農学院での植物の遺伝子研究や、アクセンチュアの国際プロジェクト経験を農業に活かす

「農+Life=Fun!」を掲げるノウタス株式会社(東京都港区)は、元アクセンチュアの戸塚惇子が2023年4月よりグローバル戦略の執行役員として参画することをお知らせいたします。

ノウタス株式会社は、オンライン果物狩りや、農業ワーケーション、観光農園DX、農家ファンづくり支援など、これまで農業への関わりのなかった人々や企業の農業への関心を高めるアグリテインメント(農+エンターテインメント)サービスを企画開発している会社です。

この度、北海道大学農学院での植物の遺伝子研究や、アクセンチュアにおいて数多くの国際プロジェクトを経験してきた戸塚惇子が、農業×グローバルを推進する執行役員として参画することになりました。
戸塚は、ノウタス参画以前よりノウタスが企画する農業イベントへ積極的に参加し、テレビ東京のワールドビジネスサテライトや農水省の白書、NHKニュース特集など、メディアにも度々出演していました。
ノウタスのサービスの参加者として感じた体験型農業の楽しさを世界に広めていくべく、ノウタスのグローバル戦略を牽引して参ります。

執行役員CGO(Chief Global Officer)戸塚惇子について

幼少期をタイで育ち、4ヶ国語堪能。北海道大学農学院にて植物の遺伝子研究。外資系コンサルティングファームのアクセンチュアのコンサルタントとして数多くの国際プロジェクトを経験。

関連記事

  1. ノウタス、今秋に「ノウタスPay」の実証実験を開始

  2. 大阪府高槻市でぶどうの生産を行う農業法人「ノウタス高槻農園株式会社」を設立。

  3. ドイツ製造の麦芽と、長野の天然のフルーツをたっぷり使用した贅沢なフルーツエール「パープルMエール」シリーズが新登場!

  4. ノウタス、農家向けのお天気サービスを開始

  5. ノウタス、パープルMのぶどう新種開発プロジェクトが始動。北海道大学にて「ぶどうのスペシャリストと新種を考えよう!1DAY ワークショップ supported by ニッセンレンエスコート」を実施

  6. 大阪府高槻市と連携協定を締結