農業×ワーケーションプロジェクト

当社は新たなアグリテイメントプロジェクトとして「農ケーション(農業×ワーケーション)」の準備を進めています。

農業の慢性的な人口不足に関しては、コロナで海外技能実習生の確保も難しくなっていることもあり、深刻化しています。また、地方の宿泊観光業においてもコロナの影響は大きな打撃となっています。
一方で都市部のIT企業の80%以上がリモートワークを実施しており、個人の可処分時間は大幅に増加しています。それにともない、都市部での生活を続ける必要性も薄れつつあり、地方移住の機運も高まっています。
そのような状況を踏まえ、都市部在住のリモートワーク可能人材と、地方の農家、宿泊施設をつなげることで、各者の課題を解決していくとともに、それを観光資源として宿泊観光事業の活性化、まちづくりにつなげていこうという取り組みです。

(2021.6.18)
須坂市の協力で実証実験を行うことになりました。

(2021.6.29)
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、NHK「イブニング信州」、テレビ信州「news every 」、日経新聞、信濃毎日新聞などで取り上げていただきました。

関連記事

  1. [Chat GPT API]新入社員のAI広報「成実柚子」が3/2に一般公開されたChatGPT APIに対応

  2. 9月10日(木)、11日(金)、東京駅でバーチャルぶどう狩りイベントを開催

  3. 「クダモノガリプラス」掲載農園がリリース1ヶ月で30農園を突破

  4. 大規模農業展開の中森農産と農業エンターテインメントのノウタスが業務提携

  5. [学生インターン]プロンプトエンジニアによる農家向けAIチャットボット開発を開始

  6. 農業の鳥獣被害対策として狩猟支援事業を開始