[衛星通信]ノウタス、山梨県甲府市の山林地区にて衛星通信による農園ブロードバンド化の実験に成功

〜 宇宙技術の活用により、農業DX、観光農園DXを加速(農に宇宙を足す) 〜

アグリテイメントサービスを提供するノウタス株式会社(東京都港区)は、2023年2月18日、山梨県甲府市の果樹農園にて、衛星通信による農園ブロードバンド化の実証実験に成功しました。今回の実験を通じ、従来の移動体通信では動作が安定しなかった山林の農地でもノウタスの観光農園DXサービス「クダモノガリプラス」が安定して導入可能となることを確認いたしました。

クダモノガリプラスについて

クダモノガリプラスは、家族経営農家の畑をカンタンに果物狩り会場にすることのできるプラットフォームです。予約受付、入場管理、商品説明、決済など、果物狩りに必要な業務をスマホ上で一元的に管理することができます。農家は畑の一部分を週末だけ観光農園として開放するなどし、人手の必要な煩雑な業務はシステムに任せて、消費者との交流など良質な接点に集中することができます。(2023/2/27~28東京国際フォーラム「City-Tech.Tokyo」にてデモ展示予定) 

リリース後、農業関係者だけでなく自治体などからも多くの導入要望をいただき、現在まち全体を観光農園化するサービスとしてアップグレードを予定していますが、日本の国土の7割を占める山林地区においては、通信キャリア各社のカバーエリア外も多く、通信インフラの脆弱さが課題となっておりました。そこで、ノウタスは衛星通信による山林地区農園のネットワーク環境改善およびクダモノガリプラスの安定稼働について実証実験を行いました。 

実証実験について

<実施概要>

場所:山梨県甲府市山林地区のスモモ農園(提携試験場) 
日時:2023年2月18日7:00~12:00 
使用機材:スペースX社スターリンク、anker社モバイルバッテリー
内容:モバイルシステム技術者の有資格エンジニアによる設営、立ち会いのもと、以下実施。 

  • アンテナとの距離、複数台接続など環境別の通信スピード測定
  • 自社サービスの安定稼働検証およびログ解析
  • モバイルカメラやWeb会議システムを利用した農園監視、作業員とのコミュニケーション
  • ライブ配信(インスタライブ)、オンライン果物狩りのデモ

※スターリンク:イーロン・マスク氏が設立した民間宇宙企業「スペースX」の衛星通信サービス

<結果>

  • 通信速度:平均200Mbps 
  • 自社サービス:サービスの操作性や動画再生などにおいて問題なく使用できた 
  • その他のWEBサービス:解像度HDでのオンライン配信においても移動体通信では発生していた遅延、乱れなどがほぼ発生しないことを確認した 

<今後について> 

衛星通信により、山林地区においてもクダモノガリプラスのような農家向けWEBサービスの利用はもちろん、動画配信などもストレスなく実施できました。また、複数台端末での同時接続も問題なく、観光農園内を観光客にフリーWi-Fiとして提供することも可能な性能であることを確認しました。 
ノウタスは今後、宇宙産業との提携を進め、農家の抱える通信インフラの課題解決にも寄与(農に宇宙を足す)していく考えです。 

ba8f12de3f5d9be61676854758.jpg

69f4d122b68cf9241676854744.jpg

ノウタスについて

・代表:髙橋明久
・HP:https://www.notas.co.jp/
・設立:2022年4月4日

ノウタスは、世の中の優れた技術や人々を農に取り入れることにより(農に足す)、農の課題を解決する(農のたすけになる)ことを目指し、設立しました。

食農の構造的課題を解決するためには、多様な人々や企業を農に巻き込み、社会全体が農に関わっていく仕組みを作ることが重要とノウタスは考えます。 そのため、人々の農への参画を段階的に支援する自社サービスの企画開発を行なっています。 
またそれらの自社サービスを農業SaaS(Farming as a Service)として企業に提供し、異業種の農業参入を促進することで、多様な事業に農を組み込む取り組みも行なっています。

長野県須坂市後援のもと実施した「ノウタスワーケーション」は、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」で特集され、令和3年度の食料・農業・農村白書にも掲載。長野県やJR東日本、保育のみらい、岡木農園、フルプロ農園、キタイチ果樹園などと実施した「オンライン果物狩り」は、日本テレビの「ひるおび」や、「ズームインサタデー」でも特集されました。 観光農園のデジタル化やキャッシュレス化を支援する「クダモノガリプラス」や、応援消費に特化し購入価格が自由に決められる「ノウタスモール」は、文化放送「村上信五くんと経済クン」、NHKの全国ニュースなどでも取り上げていただき注目を集めています。

直近においては、「ブラタモリ」「有吉ゼミ」などの元テレビディレクター、AI農業研究者や遺伝子研究者などもメンバーに加わり、サービス内容を拡大しています。

Farming as a Serviceの開発についてはマイクロソフト社と提携し、農業金融分野においては、BNPL(後払い)最大手の株式会社ネットプロテクションズおよび農業NFT・農業Web3を手掛ける株式会社農情人との提携を通じて、新たな金融サービスを共同企画中です。

これらの活動を通じて農への参入促進、高付加価値化や生産性向上につなげ、ノウタス(技術と人を農に足して、農のたすけになる)を実現いたします。 

https://presswalker.jp/press/8136

関連記事

  1. [AI広報]家族経営農家支援のノウタスにAIの成実柚子(なるみ ゆず)が入社し、広報担当に就任

  2. 農作物の価格を消費者が決めるECサイト「ノウタスモール」を開設。生産者と消費者の新たな関係構築へ

  3. 農家専用モバイルアプリ「ノウタスお天気アプリ」をリリース!

  4. Begin(ビギン)「プロジェクトDX 世界を変えるかもしれない、を訪ねる」インタビュー掲載

  5. ノウタスの観光農園事業が、愛媛県デジタル実装加速化プロジェクト「トライアングルエヒメ」に採択。愛媛での事業をスタート。

  6. 岩手日報に副社長佐々木のインタビュー記事が掲載されました